マンション投資情報NET

株式会社新成トラストTEL:06-6208-3377 営業時間 10:00〜18:00

はじめれば分かる。マンション投資の魅力。資産が資産であり続けるため、資産価値を保ち続けます。

HOMEマンション経営で節税対策

マンション経営で節税対策

マンション経営で節税対策

確定申告で損益通算すれば節税効果、所得税が半額以下になることも。

マンション経営において、物件を購入した初年度は、購入にかかった諸費用と建物の減価償却費等を家賃収入から差し引くことができます。2年目以降は、同様に建物の減価償却費等の必要経費を家賃収入から差し引き、必要経費が家賃収入より大きくなれば、給与所得やその他の所得と損益通算することで所得税はもちろん住民税でも高い節税効果が見込まれます。

新成トラストの節税対策例

さらに将来、子供などに相続した時にも相続税の大幅な軽減が可能

現金などの預貯金は100%と評価されるのに対して、不動産の場合は、マンションであれば建物部分は購入価格の約50%、土地部分は公示価格の約80%が相続税の評価額となります。また、購入してマンションを賃貸していれば借家権割合と借地権割合が適用され、さらに評価額が低下します。課税対象額を大幅に減らし、相続税の大幅な軽減が実現できます。

PAGE TOP

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

新成トラストのマンション投資情報NET | 新成トラストの賃貸管理トータルサポートNET
新成トラストの賢者の所得税節税対策のススメ | 新成トラストのRECRUIT SQUARE

Copy Right (c) マンション投資情報ネット All rights reserved.